平成27年度 質を追求するセミナー実績

平成28年1月13日

9月~10月において、2泊3日の日程で県内の施設から12名の方々に厚木精華園で現場研修をしていただきました。その報告会をかねたフォローアップ研修、及び研修先である厚木精華園の園長山根氏による講演会の2部構成で行われました。

セミナー概要

日時 平成27年12年7日(月)13:20~16:20
内容
  • 1部:現場研修報告 4名の方からの発表
  • 2部:講演「利用者の高齢化に伴う支援の課題」
    講師 山根文江氏 かながわ共同会 厚木精華園園長
    質疑応答
場所 新潟日報メディアシップ2F 日報ホール
定員 約100名

1部では、4名の方から「厚木精華園の現場研修から学んだ事」をテーマに、パワーポイントを用いて会場の参加者にもわかりやすく発表して頂きました。
厚木精華園が行っている支援の様子をスライドで視覚的に説明する事で、会場に参加した支援に携わる人達にも参考にできるものが多くあったようです。発表者達も今後の自分達の支援にとりいれていきたい、との思いを強く語っていました。
なお、現場研修には12名が参加していますが、各々のレポートは下記に掲載されています。
平成27年度 現場実地研修実績

2部では、丁寧に作り上げたテキストをもとに、山根氏より厚木精華園における高齢知的障がい者の支援について講演を頂きました。
「高齢知的障がい者の現状」をふまえ「厚木精華園の日常支援」「具体的な利用者さんの事例」と園長はじめ職員の方達の情熱を感じさせられる話がたくさんありました。
最後に、知的障がい者の高齢化における支援については様々な課題が山積みですが、安心して最後を迎えられることができる基盤整備こそが「健やかな老後を生きること」につながると確信している、と話されました。